-SuiciDe PaRty-

UK/US INDIE・オルタナ・PUNK、そしてPARTYが好きな毎日更新のブログです
HEAD LiNE NEWS
ライブ&リリース情報カレンダー

月間表示などの詳細はこちら

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NME@21 August 2010 



適当に読み解く今週のNMEです。

気になる記事ありましたらタワレコやHMVで買うか立ち読みしてみてください。

ではどぞ。
スポンサーサイト
[ 2010/08/22 19:54 ] NME | TB(0) | CM(0)

NME@14 August 2010 




連続で文字おこししてみた。

相変わらず適当解釈なんで、気になる記事あれば本誌をタワレコやHMVで買ってみてください。

それではどうぞ。
[ 2010/08/13 00:01 ] NME | TB(0) | CM(0)

NME@24 july 2010  



24日付けのNMEを適当に解釈して読むというか見るコーナーです。
およそ一週間みたりしてましたが今週はすごく内容が濃い気がします。
途中なんども挫折したりしたです・・・。
[ 2010/07/28 00:59 ] NME | TB(0) | CM(0)

NME@17 july 2010 



ひさしぶりに適当翻訳ですが書いてみることにする・・・。
[ 2010/07/18 16:54 ] NME | TB(0) | CM(0)

NME@24 May 2008 

今週の表紙はハリウッド女優のScarlett Johansson。先週の表紙のはずでしたがピート・ドハーテのおかげで一週おくれの登場。歌手デビューした彼女のインタビューが4ページ掲載されています。あまり興味ないので読んでません(笑)。どうせ今だけの活動でしょうし・・・。

「NEWS」のコーナーは脱退というかクビになった元ARCTIC MONKEYSのベーシストのAndy Nicholsonが新しくバンドを結成し活動を開始したというNEWS。バンド名は”MONGREL”。名前くらいは覚えておきましょう。

THE KOOKSがフェスティバル・モードに入ったとのこと。そして既に3枚目のアルバムの構想もできており、次はWORLD MUSICを取り入れたものになるかもということ。フランツ・フェルディナンドもそんな感じのアルバムを製作中といわれており、今後そういう流れが流行るかもしれませんね。

PAUL WELLERの新作で共演したOASISのNOEL GALLAGHER。それを記念してかPAUL WELLERとOASISの2ショット写真が掲載。

TOWERS OF LONDONがライブ活動を本格的に開始するとのこと。

GREEN DAYの覆面バンドの”Foxboro Hot Tubs”がライブを行うことを発表したというニュース。

CRYSTAL CASTLESをメインで行われたNME NEW NOISE TOUR 2008の模様をレポート。CRYSTAL CASTLESのAliceが客席の飛び込んでいるショットに盛り上がりを感じます。サマソニも期待!

新旧悪ガキコンビといってもいいかもしれないPETE DOHERTYとSHANE(ex.Pogues) の奇跡の2ショットが1ページ大で掲載。

「PETER ROBINSON Vs」はAndy Abraham。

「MY MUSIC」のコーナーはDizzee Rascal。HIP HOP畑の人なので2PACなどソッチ系が多い中、ラカンターズとか入っているのが以外。

「RADAR」のコーナーはGET WELL SOON、HEALTH、NOAH AND THE WHALEの3バンドが紹介されています。それぞれMySpaceにてチェック必至。

THE VASELINESが復活ということで1ページ記事が掲載されています。

THE TING TINGSが2ページ掲載されています。全英一位獲得記念ということでメンバーそれぞれの思いを語ってくれています。

「ALBUMS」のコーナーはTHE PIGEON DETECTIVESの2枚目のアルバム”EMERGENCY”が6点。他にはあまりめぼしいリリースはなし。

「TRACKS」のコーナーはLILY ALLENの”I COULD SAY/I DON'T KNOW”がTRACK OF THE WEEK。

「ROOTS」のコーナーはPANIC AT THE DISCOのアルバム”Pretty Odd”を分析。ビートルズ、SMALL FACESなどの影響を感じるとのこと。

「LIVE!」のコーナーはATP VS PITCHFORKの模様をレポート。あとはSam Sparro、PARAMORE、THE MACCABEES、などのライブ・レビューを掲載しています。

「CLUB NME CHART」はMYSTERY JETSの”TWO DOORS DOWN”が1位。

「12 STEPS」 はJAY‐Z

来週号はKAISER CHIEFSを特集。
おたのしみに

[ 2008/06/08 20:56 ] NME | TB(0) | CM(0)

NME@17 May 2008 



アップするのわすれてた・・・




そんなわけで今週の表紙は釈放されたばかりのPete Doherty。本当はScrlett Johanssonだったんですが急遽釈放ということと、Pete本人の独占インタビューが出来たということで差し替え。来週には掲載される予定です。

そのPeteの記事ですが、4ページ掲載されています。内容に関してはよくわかりません(汗)。それとPeteの獄中絵日記が掲載されています。

「NEWS」のコーナーはKaiser Chiefsが5月24日に控えているスタジアム・コンサートについての記事。この内容やセットリストなどがNME.COMにあがっていたので、そちらを参照してみてもありです。

Oasisの楽曲がリークされたというニュース。これに対してNoelは別に気にしていない。前のアルバムからの音源だからということだからです。

Friendly FiresのNME NEW NOISE TOUR 2008からのライブ・ショットが1ページ掲載。観客と交じっているナイスショットです。

アルバムが全英1位の輝いたTHE TING TINGS。その中でもグンを抜いて良い”That's Not My Name”の誕生秘話なんてものを語っています。

日本でもそろそろ上映がおわろうとしているJOY DIVISIONのIan Curtisを描いた「CONTROL」。その影響からか昨今語られることが多くなったIanですが、元メンバーのStephen MorrisがIanについて語っています。


「PETER ROBINSON Vs」のコーナーはJames Smith。いわずとしれたHADOUKEN!のフロントマンです。

「MY MUSIC」のコーナーはFOALSのフロントマンのYANNIS。彼の選んだアルバムはSONIC YOUTH、RADIOHEADなどからPIL、THE BEACH BOYSまでと音楽性と同じく様々なところから選んでいます。

「RADAR」のコーナーは今週も3組。FLORENCE & THE MACHINE、A PLACE TO BURY STRANGERS、そしてFUJI ROCKに出演するWHITE LIESです。

「DO YOU REMBER THE FIRST TIME?」ということで初めていったライブを語る特集が組まれています。MUSEのDOMINIC HOWARDやMIA、BLOOD RED SHOESのLAURA、THE COURTEENERSのLIAM、DIOYYのJAMESなどなどの初ライブが紹介されています。

解散の危機を乗り越え新作をリリースするTHE SUBWAYSのインタビューが2ページ掲載されています。男女のメンバーで構成されるバンドは色々と大変みたいです。

「ALBUMS」のコーナーは全英一位にも輝いたTHE TING TINGSのデビュー盤が6点と微妙な評価。メジャーからインディになったTHE FUTUREHEADSのアルバムが8点、NINのアルバムが7点という評価でした。

「TRACKS」のコーナーはSPIRITUALIZEDの”SOUL ON FIRE”がTRACK OF THE WEEKに選ばれています。

「ROOTS」のコーナーはヘンテコ外人が率いるLIGHTSPEED CHAMPIONのデビュー盤を分析。WEEZERのピンカートン、BRIGHTEYES、GRAM PARSONSなどから影響を感じると書いています。

「LIVE」のコーナーは5月5日に行われたRADIOHEADのライブを大紹介。他にはBLACK LIPS、THE PIGEON DETECTIVES、NME NEW NOISE TOURのレポートなどが掲載されています。

「12 STEPS」のコーナーはDAVID BOWIE。いつもの事ながらうまくつなげています。

今週はこれくらいで。来週は今度こそScrlett Johansson。おたのしみに。

[ 2008/06/01 23:22 ] NME | TB(0) | CM(0)

NME@10 May 2008 

本国では既に新しいNMEが発売されているので、この記事は2週間前のNMEになったりしますが気にしてはいけません。

そんなわけでまず表紙はCOLDPLAY。今週は彼らの新曲7インチ・レコードがついてくるという豪華号。もしまだ買っていない人いれば買ってください。そして4ページにわたりインタビューが掲載されています。内容はわかりません。それより曲を聴きましょう。

そして今週号からNMEの内容が少しリニューアルもされており、そういうのも踏まえて読んでいきたいです。

まずは「NEWS」のコーナー。ここは全然かわっていません。Mighty Boosh のインタビューを掲載。そしてブラーのDAMONが現在製作中のアルバムにはゲスト・ミュージシャンが100人に上るという記事、KATE NASHのNYでのライブショット、THE LAST SHADOW PUPPETSがREADING and LEEDSに出演するという記事、女優スカーレット・ヨハンソンが歌手デビューするという記事などが掲載されています。

ニュー・カマーを紹介する「RADAR」のコーナーは拡大でしょうか3アーティスト紹介されています。MySpaceをチェックしてみましょう。

・SERGEANT
・WHITE DENIM
・JOHNNY FOREIGNER


「PETER ROBINSON Vs」のコーナーが巻末から真ん中に移動。今週はDaisy Lowe。

「MY MUSIC」というお気に入りの音源を紹介する新コーナー。一回目はCARL BARAT。OASIS、THE DOORS、DAVID BOWIEなどからMGMTまで幅広く紹介しています。

バンドのインタビューがずらりと掲載されているところはFOALS、BE YOUR OWN PET、BLACK LIPSが掲載されています。

「ALBUMS」のコーナーは特に変化はなく、あえていえば少し量が増えたかなという感じ。トップ紹介はSANTOGOLDで8点の評価。個人的に気になったのがVINESのベスト盤が2点の評価。でも私は大好きです。

「TRACKS」のコーナーがかなりの縮小。半ページくらいになりました。そしてこちらも点数評価つくようになりましたその中でTRACK OF THE WEEKに選ばれたのがBLACK LIPS - Bad Kidsで9点です。

「ROOTS」と題のとおり、そのアルバムのルーツを探る新コーナー。最初はVAMPIRE WEEKENDのデビュー盤。トーキング・へッズやベルセバなどがあげられていました。

「LIVE!」のコーナーは4月25日から3日間アメリカでおこなわれたCOACHELLA 2008の模様をレポート。なんといっても目玉はプリンスがRADIOHEADのCREEPをカバーしたというニュースでしょうか!

あとはBLOOD RED SHOESのヨーロッパ・ツアーのレポやJOE LEAN AND JING JANG JONGのライブレポが掲載されています。

「CLUB NME CHART」は以下のとおり

01 WILEY - Wearing My Rolex
02 MYSTERY JETS - Two Doors Down
03 THE COURTEENERS - Not Nineteen Forever
04 JUSTICE - DVNO
05 HOT CHIP - One Pure Thought
06 INFADELS - Make Mistakes
07 CRYSTAL CASTLES - Courtship Dating
08 THE LAST SHADOW PUPPETS - The Age Of The Understatment
09 THESE NEW PURITANS - SWORDS OF TRUTH
10 FOALS - Cassius


「12STEPS」という12のバンドをめぐり歩いて最初のバンドに戻ってくるという新コーナー。最初のバンドはRADIOHEAD。全部紹介したいところですが、大変なんで今週はおやすみ。なかなか良いところついてます。


とりあえず今週見た感じはこんなもんでした。次の号も近いうちに書いてみたいとおもいます。だれも待ってないかもしれませんがお楽しみに。


[ 2008/05/22 17:48 ] NME | TB(0) | CM(0)

NME@3 MAY 2008 

今週の表紙はGREEN DAY。4ページ特集が組まれており、読みごたえあるんですけど何書いてるかわかりません・・・。

「NEWS」のコーナーはまずはCss。待望の2枚目のアルバム”DONKEY”が完成。7月21日に発売予定ですので即買いの方向で。

COLDPLAYは来週発売のNMEに新曲2曲を収録した7インチ・シングルを特典でつけるというニュース。

LIGHTSPEED CHAMPIONはマイケルジャクソンのトリビュートを考えているとのこと。

”THE STROKES AREN'T DEAD!”という見出しで2枚目のソロ・アルバムをリリースするAlbert Hammond Jrが自身のアルバムのことと、ストロークスは解散しないということをあらためて言明しています。

今年から開催されることになったNME AWARDS 2008 USAの模様をレポートしています。主要部門をまとめると、BEST BANDにTHE KILLERS、BEST ALBUMにFOO FIGHTERS、BEST NEW BANDにVAMPIRE WEEKENDが選ばれています。

「RADAR」のコーナーはTHE ENVY CORPSが紹介されています。アルバムがリリースされたばかりですのでチェックしてみてください。

http://www.myspace.com/theenvycorps

他にはTHE XX、BEGGARS、MAPEIが紹介されています。

”AGE AGAINST THE MACHINE”と、何ともシャレのきいた見出しがナイスなCajun Dance Partyのインタビューが掲載。話題が先行しすぎている感もありますが、本人たちも高校生だといわれることに疲れているみたいです。年内にもう一枚アルバムをリリースする予定ですので、そのあたりの心情も作品に影響でるかもしれません。

”THE THIRD COMING”ということで11年ぶりに大復活したPORTISHEADを特集。関係ない話題ですがアルバム・リリースまでの間隔を調べた記事が雑学にナイスです。もっとも長いのがVASHTIBUNYANの35年、続いて淫欲魔神率いるTHE STOOGESの34年、EAGLESの28年と私の人生より長い期間の間隔に目眩をおこします。

「LIVE!」のコーナーは間もなく来日するマンチェスターの新星THE COURTEENERS。写真を見る限り地元とあって物凄い盛り上がりを感じるライブです。日本公演期待しましょう。

ロンドンでおこなわれたイベント・ライブの模様もレポートされています。ブッキングも豪華でDoes It Offend You, Yeah?、Ipso Facto、などなど日本では不可能なメンバーにため息がでます。

他にはTHE RACONTEURS、TOKYO POLICE CLUBのライブ・レポートが紹介されています。


「CLUB NME CHART」のコーナーは以下のとおり。

01 THE LAST SHADOW PUPPETS - The Age Of The Understatement
02 THE COURTEENERS - Not Nineteen Forever
03 BLACK KIDS - I'm Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance
04 CAGE THE ELEPHANT - In One Ear
05 WHITE LIES - Unfinished Business
06 THE THIRST - Ready To Move
07 THE LONG BLONDES - Guilt
08 CUT COPY - Lights & Music
09 WE ARE SCIENTISTS - After Hours
10 FOALS - Cassius


「ALBUMS」のコーナーはCRYSTAL CASTLESのデビュー作がトップ紹介。8点となかなかの評価。他に気になったアルバムはSAM SPARROのこちらもデビュー作。全英で話題沸騰中な彼ですが6点と意外と低いです。

「TRACKS」のコーナーはTHE TING TINGSの"That's Not My Name"がTRACKS OF THE WEEKに選ばれています。何度も書きますがこのバンド最高です。絶対買って下さい。


「PETER ROBINSON Vs」はDELAYSのAARON GILBERT。

そして最後のページは1993年のSHEFFIELDでのLEMONHEADSのショット。

今週はこのあたりで。次週号はCOLDPLAYの新曲がついてくる豪華版。そして誌面も大幅リニューアルするみたいで、そちらの方も楽しみに。

ではまた来週。

[ 2008/05/11 17:12 ] NME | TB(0) | CM(0)

NME@26 APRIL 2008 

GWだろうが外国はあんまり関係ないみたいですが、わたしもあんまり関係なく仕事です。
そんなわけで先週に引き続き、ちょい遅れすぎな4月26日号のNMEを独断で読んでみたいと思います。

まずは表紙ですが、CRYSTAL CASTLESの二人が表紙です。今週の特集のコーナーでインタビューが2ページ掲載されています。そのあたりはまたあとで紹介。

まずは「NEWS」のコーナー。最初の記事はメンバー間の不仲でヨーロッパ・ツアーをキャンセルしたPARAMOREのニュース。Hayley Williamsは以前のニュースでかなり落ち込んでおりバンド活動に失望していましたが、今回の記事ではそういうメンバー間の不仲が解消されたとのこと。そんなわけでめでたく活動を開始するみたいでファンは一安心ということでしょうか。最新作”Riot!”がUKではゴールド・ディスクに輝くなど人気絶頂なんで頑張って欲しいものです。

Does It Offend You, Yeah?のMorgan QuaintanceがFOALSのメンバーとサイドプロジェクトをスタート。

JARVIS COCKERが新作のレコーディングを開始。年内に発売予定とのこと。

先程デビュー作をリリースし、余裕の全英初登場1位を獲得したLAST SHADOW PUPPETS。いままでアコースティックなどでのライブはありましたが本格的な最初のライブがBBC2の企画でおこなわれました。基本メンバーは二人なのでライブはどうのような編成でおこなわれるのか気になっていたのですが、なんとオーケストラを引き連れてのライブ。今後の活動は未定で二人とも自分のバンドの活動に戻っていきましたが、以前のインタビューでは今後またやりたいと二人とも話していたので、一過性の活動では終わりそうではありません。

ロード・ムービー「LORD DON'T SLOW ME DOWN」を担当したBaillie WalshがNoelとLiamに飲みに行こうと誘ったがどうも兄弟一緒では嫌だったみたいで断られたという裏話が掲載されています。

GLASVEGASがデビュー作の製作のために12時間にもおよぶセッションを行ったとのこと。夏ぐらいには完成しそうです。

今週の特集である「THE FUTURE 50」はタイトルとおり現在期待されている50の人物などにスポットをあてた企画。
バンドだけでなくプロデューサーやWebサイト、クラブなどを50位までランキング形式で紹介しており、1位は"Dave Sitek"というNYのプロデューサー。以下、MIA、Radiohead、Fucked Upなどと続き、10位に表紙のCRYSTAL CASTLES。一番大きく取り上げられており2ページ掲載でインタビューありです。最近UKで盛り上がってきているこの二人は少しチェックしておきましょう。

「LIVE!」のコーナーは先程ライブCD/DVDをリリースしたばかりのMUSEのロンドンでの最新ライブ、Hard-FiのライブにMick Jonesが飛び入りした話題、Reverend And The Makers、先程の特集で36位に入っていたHeartsRevolutionなどのライブレビューが掲載されています。


「CLUB NME CHART」のコーナーは以下のとおり。

01 PETER & THE PIRATES - Mr. Understanding
02 BLACK KIDS - I'm Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance
03 THE LONG BLONDES - Century
04 PORTISHEAD - Machine Gun
05 THE TING TINGS - That's Not My Name
06 ESTELLE ft KANYE WEST - American Boy
07 THESE NEW PURITANS - Swords Of Truth
08 DAN LE SAC Vs SCROOBIUS PIP - Look For The Woman
09 MGMT - Time To Pretend
10 THE TEENAGERS - Starlett Johansson


「ALBUMS」のコーナーはHADOUKEN!のアルバムをトップ紹介。そのわりに6点。PORTISHEADの久しぶりのアルバムが貫禄の9点。2008年の超新星CAJUN DANCE PARTYのアルバムが6点。個人的に気になったアルバムはこんなもんでしょうか。あと今週チャート1位で前人未踏の80、90、00年代と1位になった唯一のアーティストMADONNAのアルバムが5点というのはNMEならではでしょうか。

「TRACKS」のコーナーはWILEYの"Wearing My Rolex"がTRACKS OF THE WEEKに選ばれています。

「PETER ROBINSON Vs」はHAR MAR SUPERSTAR。

そして最後のページは1995年のLONDONでのBjorkのショット。今も昔も変わらない風貌です。

今週はここまで。来週はGREEN DAYを特集。傑作”American Idiot”をリリースし、現在新作の構想を練っている彼ら。ちょっと息抜きかどうかわかりませんが覆面バンドも始めるなど色々大変そうです。その辺りをふれてくれる内容だと楽しそうです。

そんなわけでまた来週!

[ 2008/05/07 11:54 ] NME | TB(0) | CM(0)

NME@19 APRIL 2008 

あやうく2週遅れになりそうな気がしないでもないですが、気にせず4月19日号のNMEを読んでみたいと思います。

まずは表紙。今週はTHE ENEMYで地元コベントリーでのライブの模様をドキュメンタリー・タッチでレポートしています。THE ENEMYのデビュー作は昨年のベスト・アルバムのひとつにもあげられる作品であり、UKでの彼らの人気は凄まじいものがあります。ライブにも16000人も集まり、余裕のソールド・アウトで盛り上がりは半端ないです。昨年はサマーソニック07に朝一番での出演でしたが次回はもっと良い時間での出演が期待できます。まだ未聴の方は是非とも聴いてみてください。

「NEWS」のコーナーのトップは以前の薬物などによる判決の指示に従わなかったためにBabyshamblesのPete Dohertyが拘留されるというニュース。だがしかし本当に拘留されるのかは疑問があるというニュース。とりあえず4月26日に予定されていたLONDON Royal Albert Hallでのライブは中止。グラストンベリーなどのフェスは出演微妙という情報が今のところ入ってきています。

いよいよ発売の始まったグラストンベリーのチケット。今年は例年と比べてチケットの売り上げが鈍いとのこと。オーガナイザーのEmily Eavisは余り気にすることのほどでもないと語っており、またよく言われるJay-Zの影響はないともインタビューにこたえております。

MANIC STREET PREACHERSのニュー・アルバムは早ければ年内にも発売されるかもとNICKY WIREがこたえています。内容は前作とは変わって「THE HOLY BIBLE」のようなダークな作品になるかもしれないとも言っています。

個人的にフロントマンの変な髪型がきになるFOALSが、「SKINS」というTV番組に出演したというニュース。

ダウンロード・オンリーでしか配信がなかったThe Charlatansのニュー・アルバムが好評のためパッケージ版もリリースされるとのこと。このアルバムは10万以上のダウンロードがされたということで急遽発売が決定し、ジャケットにはThe HORRORSのFarisが担当することが決定。メンバーもその出来に満足しているとのことです。

THE PIGEON DETECTIVESが2枚目のアルバム「Emergency」が完成し5月26日に発売が決定しました。さらにそのままの勢いですでに3枚目のアルバムも製作を始めたとのこと。

「RADAR」のコーナーはLADYHAWKE。他にはTHE JOY FORMIDABLE、TEENAGERS IN TOKYO、JOHN MAUSが紹介されていました。

インタビューなどが掲載されているコーナーではまずSANTGOLDが自分のことを色々と話してくれています。2007年10月27日のNMEにTRACKS OF THE WEEKに選ばれ、その後も全英を席巻する活躍をみせている彼女。まちがいなく2008年要注目です。

サマーソニック08にも出演が決まり、レーベルともゴタゴタがありましたがやっとデビュー作がリリースされたBLOOD RED SHOESの二人のインタビューも2ページ掲載されています。

「LIVE!」のコーナーは間もなくリリースされるであろうDirty Pretty Thingなどが出演したライブイベント、The Cool Kids、The Ting Tingsのライブの模様がレポートされています。いよいよThe Ting Tingsが大ブレイクしますよ。

「CLUB NME CHART」のコーナーは以下のとおり。

01 SANTGOLD - L.E.S Artistes
02 FEIST - My Man,My Moon
03 MGMT - Time To Pretend
04 THE WOMBATS - Backfire At The Disco
05 YOUNG KNIVES - Terra Firma
06 THE THIRST - Ready To Move
07 THE ENEMY - This Song Is About You
08 THE LONG BLONDES - Century
09 ESTELLE ft KANYE WEST - American Boy
10 THE KOOKS - Always Where I Need To Be


「ALBUMS」のコーナーは今週全英一位になったTHE LAST SHADOW PUPPETSのデビュー作がトップ紹介で8点の評価。TOKYO POLICE CLUBのアルバムが7点、DEATH SETのアルバムも7点の評価でした。

「TRACKS」のコーナーは最近色々なバンドのサポートをこなし活躍してきているWHITE LIESのシングル”Unfinished Business”がTRACKS OF THE WEEKに選ばれています。

「PETER ROBINSON Vs」はSCROOBIUS PIP。

そして最後のページは1977年のサンフランシスコでのIggy Popのライブショット。椅子を頭にのせて一点を凝視するイギーはヤバいです。

今週はここまで。来週は”THE FUTURE 50”と題して旬な50のバンドを紹介するみたいです。
[ 2008/04/29 13:21 ] NME | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。