-SuiciDe PaRty-

UK/US INDIE・オルタナ・PUNK、そしてPARTYが好きな毎日更新のブログです
HEAD LiNE NEWS
ライブ&リリース情報カレンダー

月間表示などの詳細はこちら

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NME@17 May 2008 



アップするのわすれてた・・・




そんなわけで今週の表紙は釈放されたばかりのPete Doherty。本当はScrlett Johanssonだったんですが急遽釈放ということと、Pete本人の独占インタビューが出来たということで差し替え。来週には掲載される予定です。

そのPeteの記事ですが、4ページ掲載されています。内容に関してはよくわかりません(汗)。それとPeteの獄中絵日記が掲載されています。

「NEWS」のコーナーはKaiser Chiefsが5月24日に控えているスタジアム・コンサートについての記事。この内容やセットリストなどがNME.COMにあがっていたので、そちらを参照してみてもありです。

Oasisの楽曲がリークされたというニュース。これに対してNoelは別に気にしていない。前のアルバムからの音源だからということだからです。

Friendly FiresのNME NEW NOISE TOUR 2008からのライブ・ショットが1ページ掲載。観客と交じっているナイスショットです。

アルバムが全英1位の輝いたTHE TING TINGS。その中でもグンを抜いて良い”That's Not My Name”の誕生秘話なんてものを語っています。

日本でもそろそろ上映がおわろうとしているJOY DIVISIONのIan Curtisを描いた「CONTROL」。その影響からか昨今語られることが多くなったIanですが、元メンバーのStephen MorrisがIanについて語っています。


「PETER ROBINSON Vs」のコーナーはJames Smith。いわずとしれたHADOUKEN!のフロントマンです。

「MY MUSIC」のコーナーはFOALSのフロントマンのYANNIS。彼の選んだアルバムはSONIC YOUTH、RADIOHEADなどからPIL、THE BEACH BOYSまでと音楽性と同じく様々なところから選んでいます。

「RADAR」のコーナーは今週も3組。FLORENCE & THE MACHINE、A PLACE TO BURY STRANGERS、そしてFUJI ROCKに出演するWHITE LIESです。

「DO YOU REMBER THE FIRST TIME?」ということで初めていったライブを語る特集が組まれています。MUSEのDOMINIC HOWARDやMIA、BLOOD RED SHOESのLAURA、THE COURTEENERSのLIAM、DIOYYのJAMESなどなどの初ライブが紹介されています。

解散の危機を乗り越え新作をリリースするTHE SUBWAYSのインタビューが2ページ掲載されています。男女のメンバーで構成されるバンドは色々と大変みたいです。

「ALBUMS」のコーナーは全英一位にも輝いたTHE TING TINGSのデビュー盤が6点と微妙な評価。メジャーからインディになったTHE FUTUREHEADSのアルバムが8点、NINのアルバムが7点という評価でした。

「TRACKS」のコーナーはSPIRITUALIZEDの”SOUL ON FIRE”がTRACK OF THE WEEKに選ばれています。

「ROOTS」のコーナーはヘンテコ外人が率いるLIGHTSPEED CHAMPIONのデビュー盤を分析。WEEZERのピンカートン、BRIGHTEYES、GRAM PARSONSなどから影響を感じると書いています。

「LIVE」のコーナーは5月5日に行われたRADIOHEADのライブを大紹介。他にはBLACK LIPS、THE PIGEON DETECTIVES、NME NEW NOISE TOURのレポートなどが掲載されています。

「12 STEPS」のコーナーはDAVID BOWIE。いつもの事ながらうまくつなげています。

今週はこれくらいで。来週は今度こそScrlett Johansson。おたのしみに。

[ 2008/06/01 23:22 ] NME | TB(0) | CM(0)

 

最新記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。