-SuiciDe PaRty-

UK/US INDIE・オルタナ・PUNK、そしてPARTYが好きな毎日更新のブログです
HEAD LiNE NEWS
ライブ&リリース情報カレンダー

月間表示などの詳細はこちら

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FUJI ROCK FESTIVAL 08 日記Part3 26日(土) クジロック編 

本日は朝いちのグリーンのeastern youthから始めようかなと思っていたんですが、どうにも起きれなくてTHE COURTEENERSからスタートです。

まだ昼頃ということで人はまばら。そういえばグリーンステージのモッシュ・ピットに一度も入っていないということもあり、そこでTHE COURTEENERSを堪能。昨夜、朝頃まで飲んでたはずのリアムは元気そうにうたっておりました。フジ前に来日していましたが見れなかったので初見なんですが、このバンドは本当にリアムのワンマンバンドだなと思った。途中ギター一本でうたったりとリアムの独壇場です。そういえばインタビューなどでは毒舌な彼ですが、ステージでは凄く良いヤツです(笑)。ライブの終了後もわざわざステージ下まででてきてファンにサインなどを笑顔でしている姿はギャップありすぎてコッチも笑ってしまったです。楽曲はいいので今後にさらに期待です。


セットリストは基本的に前回来日の時とかわってないぽかったです

THE COURTEENERS @心斎橋CLUB QUATRO 2008.05.19



ライブ終了後、昼食をとりHARD-FIにそなえる。これを見たいがために大阪から日帰りで来たSasa選手合流しモッシュ・ピットへ。ライブはこれまた初めてみるんですが踊れます。そしてちょっとハシャギすぎてSasa選手が捻挫(笑)。涙目になりながらもおとこですからなんとか堪能したと思います。

新しいアルバム中心からのセットでしたがお馴染みの曲では異様なくらいの盛り上がりにちょっと退いてしまったりしましたが無事完走。良いライブでした。


そして引き続きホワイト・ステージのTHE CRIBSへと負傷のSasa選手を横目に移動。休む間もなく大変ですが、これが土曜のメインとしていた自分としては早歩きでステージに向かう。

すでに人がたくさん集まっておりヤバイ雰囲気がプンプンのなか開始。予想通り最初から最後まで盛り上がりっぱなしで楽しかった。途中のMCで「ダイスキナ イヌガ シンダ・・・」なんてMCがあり、笑ってしまったら「」Not Funny!」とアレな雰囲気になったんですが最後は客席にダイヴしたりしてくれたので脳内でヨシとしておきます。

◎THE CRIBSの多分演奏した曲

our bovine public
hey scenesters!
don't you wanna be relevant
you were always the one
girls like mystery
women's needs
moving pictures
new song
I've tried everything
mirror kissers
men's needs
another number
I'm a realist
the wrong way to be


終了後、その場で休憩しZUTONSまで待機。
ライブはこれまた初見でしたがなかなかよかったです。しかし途中でグリーンのクロマニヨンズへ向かう事に。クロマニヨンズはデビューの時のホワイト以来なんですがヒロトもマーシーも元気そうでなによりでした。ラストいつもどおり(?)脱いでおわり。日本のロックの気合を感じました。


Zutons@White Stage setlist
1. Zutons Fever 2. Don't Ever Think (Too Much) 3. Why Don't You Give Me Your Love?
4. What's Your Problem 5. Hello Conscience 6. Always Right Behind You7. Pressure Point
8. Harder and Harder 9. Give Me A Reason 10. Valerie 11. You Will You Won't


ザ・クロマニヨンズ@GREEN STAGE SETLIST
1.クロマニヨン・ストンプ 2.ギリギリガガンガン 3.あさくらさんしょ 4.うめえなあもう 5.草原の輝き 6.ヒャクレンジャー 7.スピードとナイフ 8.ワハハ 9.レッツゴー宇宙 10.くじらなわ 11.エイトビート 12.歩くチブ 13.キラービー 14.弾丸ロック 15.紙飛行機 16.タリホー


そして怒涛の後半にそなえて食事休憩。明日もお世話になることになりそうですがPRIMAL SCREAMをグリーン後方で堪能。途中CSSのLOVEFOXXが登場とかあり最高でした。ROCKSとCOUNTRY GIRLのコンボはヤバイくらいハイになりました。何度聴いてもいいです。

PRIMAL SCREAM@Fuji Rock Festival 08 セットリスト
Primal Scream - Rocks(@Fuji Rock 080726)



終了の余韻を浸る間もなくREDのIAN BROWNへダッシュ。プライマルの終了を待っていたのかまだ開始していなくてひょっとしてプチローゼスとかあるかとおもったんですが結果的にはなかったです。

ライブはIAN BROWNみたさというかストーン・ローゼスの亡霊みたさが多いのか、あまり盛り上がってなかったような気がします。個人的にもソロの楽曲はやはりローゼスとかと比べると格段に落ちるような気がし少し座り込んだりもしたんですが、ラストとアンコールにローゼスのいナンバーを披露。それまでの雰囲気がなんだったのかわからないくらいの大盛り上がり。そしてやはり最高でした。奇跡のバンドだったんだなと再認識させられる次第でIAN BROWNの苦悩も分かるような気がしたステージだった。


Ian Brown@ FUJI ROCK FESTIVAL '08
http://jp.youtube.com/watch?v=ECgRN2bCIfY
http://jp.youtube.com/watch?v=3CjZRzFYTtY


本日最後のアクトはUNDERWORLD。99年の時のステージがホワイトであり入場規制で見ることが出来なかったので今回は堪能しようと決めていました。グリーンの後方でビールのみながらユラユラしてました。個人的に好きなREZのイントロが来た時は一人ではしゃいでしまい、恐らく次でくるであろうBorn Slippyになんてそなえられなかったわけですが、あのイントロが来た時は最高の瞬間でした。ラストの風船がコッチに飛んでこなかったのが残念ですが(笑)

UNDERWORLD@Fuji Rock Festival 08 2008.07.26 セットリスト

BORN SLIPPY UNDERWORLD FUJI ROCK FESTIVAL 2008
http://jp.youtube.com/watch?v=i60Ji0GmMJ8
http://jp.youtube.com/watch?v=T24om0dxtao


終了後はRED MARQUEEの方で休憩。お酒のんだりビールのんだり途中何の知識もなくみたEROL ALKANがやばいくらいよく、捻挫したSasa選手が感動していたのが印象的でした。あとは岩盤でCSSがDJしたりしているのをみながら朝まで堪能。すっかりひともまばらになってきたのでトボトボと基地に戻りました。

fuji08_27


帰りに寄った不良外人の溜まり場パレスで外人がトップレスで踊っていたのが印象的でした。彼らは空が明るいのに何故あんなに元気なんだろう(笑)。


[ 2008/08/21 19:08 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

 

最新記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。