-SuiciDe PaRty-

UK/US INDIE・オルタナ・PUNK、そしてPARTYが好きな毎日更新のブログです
HEAD LiNE NEWS
ライブ&リリース情報カレンダー

月間表示などの詳細はこちら

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Dirty Pretty Things 解散ライブ@London's Astoria 2 20.12.2008 

Dirty Pretty Things が12月20日のステージをもって解散いたしました。

2枚目のアルバムをリリースし、これからというところでの解散発表に「なぜ?」とおもったりしたんですがバンドというものは色んな個性が集まってするものであり、外野からはわからないことが沢山あるんでしょう。とにかく残念なニュースにはちがいありません。

そんなわけで解散ライブのレポートがNMEのサイトに掲載されていましたので御紹介。もちろん英語掲載なわけでわたしには完全に理解することができないので、あやまった記事を書くのは嫌なので自分の読解力で理解してください。ライブの後のカールへの直撃インタビュー(映像付き)なんてものもありますので、あわせてそちらもどうぞ。

2008年は色々なバンドが再結成された一年だった気がしますが、光あるところに影あり。数少ない良質なバンドの解散は残念で仕方ありませんが、今後のメンバーの活動に期待したいと思います。いまのところアノバンドの再結成の話はないみたいですが、そちらの可能性も少しながら期待したりしながらね・・・。


Dirty Pretty Things played:

'Wondering'
'Doctor’s & Dealers'
'Buzzards And Crows'
'Bloodthirsty Bastards'
'Kicks Or Consumption'
'No Signal, No Battery'
'Best Face'
'Come Closer'
'Tired Of England'
'The Enemy'
'Chinese Dogs'
'Gentry Cove'
'Plastic Hearts'
'Blood On My Shoes'
'Last Of The Small Town Playboys'
'Gin & Milk'
'Deadwood'
'Truth Begins'
'B.U.R.M.A'
'Bang Bang You’re Dead'
'You Fucking Love It'

Dirty Pretty Things final gig - the last hurrah

関連記事
・Dirty Pretty Things play final show
・Dirty Pretty Things' Carl Barat: 'I was too idealistic'

The Best Of: A Time for HeroesThe Best Of: A Time for Heroes
The Libertines

Toshiba EMI 2007-10-26
売り上げランキング : 47662
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

[ 2008/12/22 16:49 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

 

最新記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。